| お知らせ
川根本町へ行こう!

少し前に、こちらの川根本町の魅力を伝えるムービーの、声の担当をさせていただきました。
舞台と違って動けないので、最初はテンション調整に戸惑いましたが、楽しく丁寧にやらせてもらいました。ぜひご覧ください!

■YouTube→ 川根本町funfan
■サイト→ https://kawane.funfan.jp/

日常に疲れた人はぜひ、いつも元気な人も、ステキな川根本町にお出かけください!


そしてそして…
この声の出演者の何人かは、7月公演の『浜辺の猿』にも関わっています。
お芝居なので、顔が見えます(笑)ぜひこちらもよろしくお願いします!

| お知らせ
伽藍博物堂プロデュース公演『浜辺の猿』

チケット発売中!

久しぶりに伽藍博物堂の舞台に出演します。私にとってはやはりホーム。
『浜辺の猿』はとても素敵な台本です。思えば私は3度目の出演で、前回からはなんと9年ぶり…!
元劇団員の先輩方ともご一緒できるし、すごく嬉しい。
個人的にも、いろんな気持ちが入り混じる、とてもとても楽しみな公演です。
ぜひ、見に来てください!※ちなみに私はの回に出演します〜(^^)/

======================

 

  

伽藍博物堂プロデュース公演
『浜辺の猿』

作・演出:佐藤剛史
出演:絢、石原美由紀、石原祐生、おおいしあきよ、果蓮、左口三恵、桜井靖子、朱雀操、鈴木美嘉、長谷川はづき、日高胡桃

【開演日時】
7月5日(金)20:00〜 A
  6日(土)15:00〜 A、19:00〜 B
  7日(日)11:00〜 A、15:00〜 B

・全5回公演(一部ダブルキャスト)・開場は開演の20分前 ・上演時間は約90分

A・B共通:石原祐生、左口三恵、朱雀操、鈴木美嘉、長谷川はづき
A のみ:絢、果蓮、桜井靖子
B のみ:石原美由紀、おおいしあきよ、日高胡桃

【チケット】(全席自由、日時指定、税込)
前売り:一般 3,000円、学生 2,000円
当日券:一般 3,500円、学生 2,500円
 ※当日券販売の有無は、直前に伽藍博物堂サイト、Twitter などで告知します。

【チケット取扱】
<オンライン>
Live Pocket
<プレイガイド>
・サールナートホール(月〜土 10:00〜17:00)
・人宿町やどりぎ座(劇場営業日 19:00〜LAST、月曜定休)
<出演者>
・出演者から直接。
<ご予約>
伽藍博物堂予約フォーム

【会場】
人宿町やどりぎ座
 

★詳しくはこちら→『浜辺の猿』ページ http://garan-garan.com/hamabenosaru.html

| お知らせ
「FBI捜査官」うるけん&絢連合

「FBI捜査官」

あるFBI捜査官にスパイ容疑がかけられた!100%当たるという嘘発見器を攻略しなければ、スパイだと認定されてしまう。頭を悩ませる捜査官の前に、謎の幽霊が現れ…

作:うるけん一郎太
出演:うるけん一郎太(超歌劇団)、絢(やぶれ金魚)
   ゲスト 小林優太郎(劇団『昇心ハートブレイク』)

日時:3月24日(日)14:00〜、18:00〜(開場 15分前・上演時間1時間程度を予定)
前売 1,500円 当日 2,000円(中学生まで無料・お子さんも歓迎)
予約:urukenuruken@gmail.com(※ご予約は前日までにお願いいたします。)

会場:あそviva!劇場
   静岡市葵区人宿町一丁目4−6 ゴトービル2F →GoogleMap

 
 

| お知らせ
★公演のお知らせ!

私がぼやぼやしている間に、公演情報がどんどん更新されています!
夏から秋、冬にかけて、ほどよい間隔で出演の機会をいただいていて大変嬉しくありがたいです。それぞれに違う芝居作り、稽古場で勉強になることもたくさん。とっても楽しいです笑きらきら
ぜひぜひ、お越しください。よろしくお願いしますー!

===========================================

劇団静芸 創立70周年記念公演
「海を渡る娘」

  • 日時/6月16日(土) 17:30開場 18:00開演 (上演予定時間 約120分)
  • 入場料/一般2,000円(当日販売+300)・学生1,500円(当日販売+200) ※発売中
  • 場所/静岡市民文化会館 中ホール
  • 作/小島真木
  • 演出/中川 正臣

>劇団静芸WEBサイト

なんと、創立70周年!(でも、今回出演する劇団員さんは、とってもキュートな娘さんたちです!)記念すべき公演に出演させてもらえて感謝です。1月から始まった稽古は、4つのチームで進めてきました。今月から合同になり、かなり賑やかな稽古場です。民話を元にしたお話で、全編がっつり静岡弁。私は『嫁田』というお話に出ます。静岡で活動する他劇団の大先輩方も出演しますので、見ごたえあります!

===========================================

コトリコ企画
「なつやすみの友」

  • 8月24日(金) 20時 / 25日(土) 15時・19時
  • あそviva!劇場(葵区人宿町1-4-6)
  • 出演 絢・小川領太
  • 作と演出 安松美穂

返済に来た男と、貸した覚えのない女。ふたりの8月31日をめぐるお話。

>コトリコ企画Twitter

コトリコ企画主催の安松ちゃんのオリジナル新作です。女のところに突然”返済”に来た男……そんな男を演じる小川くんとは初共演になります。稽古も始まって、演じるにあたって一筋縄ではいかなそうな台本を前に、試行錯誤中!夏までにどうなっていくのでしょうか。私自身も、すごく楽しみ!かつての夏の風景や空気をきっと思い出す、ちょっぴり懐かしくて不思議な時間を過ごしていただけると思います。

===========================================

演劇ユニット【HORIZON】
「ナツヤスミ語辞典」
作:成井豊 演出:大橋美月

  • 9月22日(土)〜24日(月・祝)
  • MIRAIEリアン コミュニティホール七間町 1階ホール
  • Special Ticket 先行予約受付中 詳細はこちら


 

>演劇ユニット【HORIZON】WEBサイト

女性だけで構成されている劇団。今回も、出演は女性のみです。前回の絢とひさ枝のふらり旅「ジョシ」の演出家、大橋さんの演出。「ジョシ」であんなだった私に、懲りずにダンスもぶっ込んでくる勇気ある大橋さんです。(それは置いといて)超絶キュートな女子がたくさん出演しています。いつも稽古場が明るく華やか!ふらり旅2人も、キュートな大人目指して頑張ります(笑)ので、ぜひご来場ください!

===========================================

うるけんプロデュース公演
「生報道」

  • 12月16日(日) 14時、17時
  • 前売1500円 / 当日2000円 ※6/9発売開始
  • 会場:あそviva劇場

絢(やぶれ金魚)と超歌劇団うるけんの2人芝居。
ロリータ男爵主宰田辺(けものフレンズ、団地ともおの脚本家)にお願いして台本を依頼。
うるけん一郎太と共作するという異色の作品に。
1回の公演で席数が30席しかないので14時の回、17時の回を指定してください。
前売チケット販売は6月9日から

少し先、冬の公演予定。なので、まだまだいろいろとわからないのですが、少しずつ新しい展開が。ちょっと見逃せない共作の話になっています。なにそれ!どーなるの!?(私大丈夫か!?)とドキドキワクワクの企画です。今後の情報、乞うご期待!
超歌劇団さんは、6/19・20に公演があります。要チェック!→ 『天国と地獄の海賊』

===========================================

  

| お知らせ
劇団静芸 創立70周年記念公演『海を渡る娘』6/16

映画鑑賞記録ばかりになってますが、演劇もやってます!

まずは、ひと月後に迫った、劇団静芸さんの『海を渡る娘』。なんと、創立70周年!(でも、今回出演する劇団員さんは、とってもキュートな娘さんたちですハート)記念すべき公演に出演させてもらえて感謝です。頑張ります。
民話を元にしたお話で、全編がっつり静岡弁の台詞です。「〜ずら」とか「〜だに」とか!ぜひぜひお越しくださいv

 

劇団静芸 創立70周年記念公演『海を渡る娘』

■日時/2018年6月16日(土) 17:30開場 18:00開演 (上演予定時間 約120分)
■入場料/一般2,000円(当日販売+300)・学生1,500円(当日販売+200) ※発売中
■場所/静岡市民文化会館 中ホール
■作品/海を渡る娘
■作/小島真木
■演出/中川 正臣

公演情報 >劇団静芸ホームページ

 

 

 

【今後の出演予定】


コトリコ企画 『なつやすみの友』
8月24日・25日 あそviva!劇場
公演情報


演劇ユニットHORIZON 第11回公演『ナツヤスミ語辞典』
9月22日〜24日 MIRAIEリアン コミュニティホール七間町
公演情報


うるけんプロデュース公演
12月16日 あそviva!劇場

   

| お知らせ
『四川の善人』劇団渡辺 3/23〜3/25

私も出演します!緊張感とエネルギー渦巻く稽古場です。
いろんなこと、日々じわじわとぎゅぎゅっと積み上げていっていますので、どうぞお楽しみに!
ぜひお越しください。お待ちしています〜v

----------

『四川の善人』劇団渡辺

劇団渡辺のレパートリー『四川の善人』をなんと入場無料で!

日時:3月23日〜3月25日
場所:静岡市クリエーター支援センター

>facebookイベントページ

 


 

| お知らせ
絢とひさ枝のふらり旅『ジョシ』1/19〜21

気付けば年も明けていまして、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
そしてさっそく1月はふらり旅『ジョシ』ですー!
今回の座組みは、名前通りオール”ジョシ”!で、稽古場も明るく可愛く賑やかなので、毎回行くのも楽しくてウキウキしていたら、気付けばもう間もなくに迫っていました!びっくり
お話も元気で楽しい内容です。私もとっても好きハート
いやー、人生いろいろなことが起こりますよね。って感じで(笑)心より、心よりお待ちしております!

泡 泡 泡 泡 泡 泡 泡

『ジョシ』

作 :広田 淳一(アマヤドリ)
演出:大橋 美月

出演:絢・蔭山ひさ枝

2018年
1月19日(金)19:30
  20日(土)19:30
  21日(日)14:30

デザインオフィス創造舎
SOZOSYAビル3F 多目的ホール

前売・予約:2,000円 / 当日:2,500円

facebookページ / 『ジョシ』イベントページ

 

| お知らせ
花巻かおり・涌井彩子 二人展『 紡ぎはじめる 』オープニングイベント

4月16日(日)のオープニングイベントで、花巻かおりさんの散文を朗読させていただきます。

ぜひぜひ!顔きらきら

   

花巻かおり・涌井彩子 二人展『 紡ぎはじめる 』

>>詳しくはこちら

| お知らせ
お知らせ!『うるけん一郎太×絢とひさ枝のふらり旅』

 



『絢とひさ枝のふらり旅』
3月11日(土)19:00〜・12日(日)14:00〜 あそVIVA!劇場

迫ってきました!

絢とひさ枝のふらり旅は、公演ごとに演出家さんをお招きするスタイルになっています。
なので、毎回まったく演出も雰囲気も違って、今回の公演は今回きり!(厳密にはどんな舞台も一度きりなのですが笑)ぜひともお見逃しなく!顔
なんと言っても超歌劇団のうるけん一郎太さんとのタッグです。…いろんなことを画策していますよ〜えへ

おまけではありますが、”前売り券”特典も、かなり楽しいことになっています!どうせなら(笑)ぜひ前売り券をおススメしたい!そんな気持ちですハート

私たち全力出しますので、一緒に楽しんでもらえたら最高に嬉しいです!ぜひぜひ、よろしくお願いしますーきらきら

| お知らせ
Shizuoka Actnet vol.6 『ことづかり』


6月に、Shizuoka Actnet vol.6『ことづかり』に出演しますうさぎ
花巻かおりさん原作の小説を、静岡あくとねっとで舞台化します。

完全予約制(日付指定)で、お席が限られておりますので(というのも、会場が古民家でお食事付、という公演なのです!)お早めのご予約をぜひ!
どうぞ、よろしくお願いします!

詳しくはこちら→ Shizuoka Actnet vol.6『ことづかり』

- - - - - 以下転載 - - - - -

Shizuoka Actnet vol.6
『ことづかり』

〜孤独を抱える裕子は、港で出会ったアキという老人に心を救われた。その後、他界したアキを慕い続ける裕子は、水見色の古民家でカレーを提供しているスリランカ人「サジット」に思い出を語る。思いは巡り、出会いの連鎖の先に二人が見たものは・・・?

「静岡あくとねっと」2年ぶりの本公演は、水見色「さじっとの家」での特別公演! 今回は実力派役者陣の力を借り、純文学小説の舞台化に挑戦します。趣あふれる古民家で語られていく、ちょっぴり不思議な物語をお楽しみ下さい!

2016年6月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)
開演:7:00PM(6:30PM開場)
料金:3,500円(食事代込)
場所:「さじっとの家」(静岡市葵区水見色885)
定員:各回40名様

☆演出の都合上、各日夜の1回公演のみとさせていただきます。
☆完全予約制(日付指定)、自由席。
※古民家を利用した特別講演のため、お席が限られております。お早めのご予約をお願いします。

<ご予約方法>
静岡あくとねっとのメールアドレス
actnet@shunpukan.net
に、
,柑疚
△艦⇒軅
ご希望公演日
い客様人数
を明記してご送信下さい。
(または、facebookよりあくとねっとにメッセージをお送りいただいても構いません)

担当者からご返信させていただいた後、ご入金について確認がとれた上で本予約となります。
◎本イベントの「参加」表明だけでは本予約となりませんのでご注意下さい。


原作:花巻かおり
脚本・演出:一式
出演:
(五十音順)
青衣朔良

池ヶ谷琴
岩松れいこ
小林清美
坂本サジット
左口三恵
鈴木美嘉
都築はじめ(らせん劇場)


※終演後にカレーパーティのご用意がございます。
スリランカカレーを味わいながら出演者たちとの交流をお楽しみ下さい。(食事代はチケット料金に含まれています)

<原作者紹介>
花巻かおり
静岡市在住の女性小説家。
2008年「赤い傘」で第32回集英社すばる文学賞佳作を受賞。
芸術批評誌DARADA MONDE 2号に小説「地蔵清掃」を寄稿するなど、県内の文化活動にも積極的に参加している。
本公演原作の「ことづかり」は第31回集英社すばる文学賞の最終候補となった作品で、作者自身の強い思い入れもあり今回の舞台化が実現した。

- - - - -

CATEGORIES
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS