伽藍博物堂プロデュース公演『浜辺の猿』

4/15(月)チケット発売開始!

久しぶりに伽藍博物堂の舞台に出演します。私にとってはやはりホーム。
『浜辺の猿』はとても素敵な台本です。思えば私は3度目の出演で、前回からはなんと9年ぶり…!
元劇団員の先輩方ともご一緒できるし、すごく嬉しい。
個人的にも、いろんな気持ちが入り混じる、とてもとても楽しみな公演です。
ぜひ、見に来てください!※ちなみに私はの回に出演します〜(^^)/

======================

 

  

伽藍博物堂プロデュース公演
『浜辺の猿』

作・演出:佐藤剛史
出演:絢、石原美由紀、石原祐生、おおいしあきよ、果蓮、左口三恵、桜井靖子、朱雀操、鈴木美嘉、長谷川はづき、日高胡桃

【開演日時】
7月5日(金)20:00〜 A
  6日(土)15:00〜 A、19:00〜 B
  7日(日)11:00〜 A、15:00〜 B

・全5回公演(一部ダブルキャスト)・開場は開演の20分前 ・上演時間は約90分

A・B共通:石原祐生、左口三恵、朱雀操、鈴木美嘉、長谷川はづき
A のみ:絢、果蓮、桜井靖子
B のみ:石原美由紀、おおいしあきよ、日高胡桃

【チケット】(全席自由、日時指定、税込)
前売り:一般 3,000円、学生 2,000円
当日券:一般 3,500円、学生 2,500円
 ※当日券販売の有無は、直前に伽藍博物堂サイト、Twitter などで告知します。

【チケット取扱】
<オンライン>
Live Pocket
<プレイガイド>
・サールナートホール(月〜土 10:00〜17:00)
・人宿町やどりぎ座(劇場営業日 19:00〜LAST、月曜定休)
<出演者>
・出演者から直接。
<ご予約>
伽藍博物堂予約フォーム

【会場】
人宿町やどりぎ座
 

★詳しくはこちら→『浜辺の猿』ページ http://garan-garan.com/hamabenosaru.html

| カテゴリー:お知らせ |
2019年4月<映画>

『ぼくの名前はズッキーニ』
2016年 スイス・フランス合作
監督:クロード・バラス

『ラプラスの魔女』
2018年 日
監督:三池崇史

『ダンボ』
2019年 米
監督:ティム・バートン

『麻雀放浪記2020』
2019年 日本
監督:白石和彌

『PRINCE OF LEGEND』
2019年 日本
監督:守屋健太郎

| カテゴリー:映画 |
ひっつくあいつ

雨さえ降っていなければ、野山を駆けまわって遊んでいた子ども時代。
おかげで(?)テレビゲーム類には今でも馴染まず。そして、土も草も虫も平気です…というより好き(笑)山の近くで育ったので、森や山にいると落ち着くのですが、同じ自然でも海はあまり落ち着きません。海の近くで育った人は、やっぱり海が落ち着くのでしょうか。

先日、芝居の小道具に使うためにセンダングサを運んだのですが、どこかに触るとバラバラっと落ちて(くっついて)しまうので、他の何よりも扱いに苦労しました。あんなに苦労したのに、公演後にもっと近いところに生えているのを見つけて…これが、気にして見ると結構あちこちにあるんです。 You see, but you do not observe. (見ているけど観察していない S.H.)

私のひっつき虫ランキングは、オナモミ(丸いトゲトゲ)>ハギ(豆みたいの)>センダングサ(細いやつ)です。だから、オナモミは、私的には地位が高いんですよ〜〜(^^)/

| カテゴリー:日常日記 |
2019年3月<映画>

『脳男』
2013年 日本
監督:瀧本智行

『キャプテン・マーベル』
2019年 米
監督:アンナ・ボーデン、ライアン・フレック

『ブラック・クランズマン』
2018年 米
監督:スパイク・リー

『運び屋』
2018年 米
監督:クリント・イーストウッド

『移動都市 モータル・エンジン』
2018年 米
監督:クリスチャン・リバース

『リミット・オブ・アサシン』
2017年 米・中
監督:ブライアン・スムルツ

『SPLIT』
2017年 米
監督:M・ナイト・シャマラン

これは…面白い。

『アンブレイカブル』
2000年 米
監督:M・ナイト・シャマラン

| カテゴリー:映画 |
2019年3月<舞台>

『スマートモテリーマン講座』(映像)
2017年 日
脚本・演出:福田雄一

| カテゴリー:舞台etc |
ありがとうございました!→「FBI捜査官」うるけん&絢連合

うるけん&絢連合「FBI捜査官」終了!
ご来場いただいた皆さま、協力してくださった皆さま、ありがとうございました。

1日だけの公演って、あっという間に終わって、なんだかポカンとした気分になります。
いやー、実際に人を殴るっていうのはなかなか難しいですね。蹴る方がまだ思い切れます。
そんな今回、物理的に一番大変だったのは、あの植物の運搬と取り扱いでした(笑)

 

▼これから・・・

ゲスト出演の小林さんは、所属する劇団『昇心ハートブレイク』の活動へ。
うるけんさんは、主宰する超歌劇団の活動へ。直近では、4/7(日)に駿府公園内でゲリラ公演をするとか…!
私は、7/5(金)〜7(日)に伽藍博物堂プロデュース公演 『浜辺の猿』に出演いたします。
うるけん&絢連合は、またいつか何か出来ればいいなぁと虎視眈々と…楽しんでいきたいです(^^)/

どうぞよろしくお願いします!

写真:海野さんに撮っていただきましたv

| カテゴリー:活動日記 |
「FBI捜査官」うるけん&絢連合

「FBI捜査官」

あるFBI捜査官にスパイ容疑がかけられた!100%当たるという嘘発見器を攻略しなければ、スパイだと認定されてしまう。頭を悩ませる捜査官の前に、謎の幽霊が現れ…

作:うるけん一郎太
出演:うるけん一郎太(超歌劇団)、絢(やぶれ金魚)
   ゲスト 小林優太郎(劇団『昇心ハートブレイク』)

日時:3月24日(日)14:00〜、18:00〜(開場 15分前・上演時間1時間程度を予定)
前売 1,500円 当日 2,000円(中学生まで無料・お子さんも歓迎)
予約:urukenuruken@gmail.com(※ご予約は前日までにお願いいたします。)

会場:あそviva!劇場
   静岡市葵区人宿町一丁目4−6 ゴトービル2F →GoogleMap

 
 

| カテゴリー:お知らせ |
2月

先日献血に行きました。以前行ったときに諸事情(何かしら手術をすると数年できないんですね)で献血ができなかったので、ここしばらく念頭になかったのですが、この日、用事が終わって少し時間ができたので、お茶でもしながら読書…と思っていた足を数年ぶりに献血に向けました。献血しながら読書。

スタッフの方は「体調どうですか?痛くないですか?」等とこまめに声をかけてくれます。終わってふらっとする人もいるようなのですが、基本丈夫な私は、血圧の変化もまったくなく、元気いっぱいで帰りました。注射もぜんぜん平気なので、向いているのかもしれません。

ただ、DVDを観ながらになってしまったので読書はできず。『SING/シング』の冒頭を微妙に観たので、ぜひまた続きを…。

 

| カテゴリー:日常日記 |
『唐版 風の又三郎』

『唐版 風の又三郎』シアターコクーン

ああ、素晴らしかった。
唐十郎さんの書く言葉たちは本当にツボで(理解してるとかじゃないんですが)、それが発せられた時の唯一無二の感覚はハッキリ言って中毒なのだ、と最近になって自覚しました。どうしたらこんな世界が生まれるのか、羨ましさと妬ましさもあるくらい。若手俳優の瑞々しさと純粋さ、そしてリアルタイムでこの時代を駆けてきたベテラン勢の活き活きとしたエネルギー。中毒症状だ!

オフィシャルサイト

| カテゴリー:舞台etc |
2019年2月<映画>

『翔んで埼玉』
2019年 日

いろんな意味で、今月のナンバー1!(笑笑笑)

『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2「First Guardian」』
2019年 日

『スターリンの葬送狂騒曲』
2017年 英

『アクアマン』
2018年 米

『SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁』
2015年 英

『プリティ・プリンセス』
2001年 米

『メリー・ポピンズ リターンズ』
2018年 米

| カテゴリー:映画 |
CATEGORIES
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS